パン教室講師としての夢を現実に!絶対必須スキルと実践知識ガイド

パン教室

パン作りの魅力に取り憑かれ、この楽しさをたくさんの人に伝えたい…
こんな想いを抱えていませんか?

この記事では、私がパン講師として成功するためのやってきた具体的なスキルやノウハウ、
教室開講に必要な準備方法も詳しく紹介しています。

パン教室開講の夢を現実に変える一歩を踏み出しましょう!

目次

パン講師になるためのステップ

パン講師になるための第一歩は、パン作りの技術を学ぶことです。
まずは、美味しいパンを焼くための基本的な方法を身につけましょう。
次に、パン講師として教えるための準備や、パン教室を開くための手続きをします。

もちろん、教室を成功させるための方法や、生徒さんを増やすための広告の仕方などを知ることも大切です。

学びたいことがたくさんあると思いますが、一歩一歩進むことで、夢のパン教室を実現することができますよ!

パン作りの基礎から上級者向けのスキルまで

パン作り

パン講師になるためには、まず、おいしいパンを作るための基本的な方法を学ぶことが大切です。
これは、パンの生地を作ったりオーブンで焼く時間や温度を知っていること、そして生徒さん1人1人に合った

アドバイスができることを意味します。
これが出来るようになったら、もっとたくさんの種類のパンを作る高度な技術や知識を学ぶことも大切です。
初めから難しいことに挑戦するよりも、まずは基本から始めて少しずつ難しい技術を習得していく方がいいですね。

パン講師やパン教室を始めるための必要な手続き

手続き

開業届を出す理由は、新しくビジネスを始めることを国や自治体に正式に知らせるためですが、
具体的に以下の3つの大きな理由があります。

1.税金の関連

ビジネスを始めると収入が発生するため、その収入に対して正しく税金を納めるための手続きをする必要があります。
開業届を出すことで、税務署が適切な税金の計算や納税のサポートをしてくれます。

2. 信頼の確保

開業届を出すことは、公式にビジネスを始める証明になります。
これにより、生徒様や取引先からの信頼を得やすくなります。

3.公的なサポートの受け取り

いくつかの自治体では、新しくビジネスを始める人をサポートするための補助金やセミナーなどが用意されているので、
開業届を出すことで、これらのサポートを利用することができます。

パン教室を開くときは開業届を出すことをオススメします!!

パン教室を始めるための準備

パン作り

パン教室を始めるためには、教室で使う機器や材料の準備が必要になります。
また、生徒さんが来たときに、楽しく学べるような教室の雰囲気を作ることも大切です。
教室の広さや場所から、どれくらいの生徒を受け入れるかも決めないといけません。

生徒さんが安全に、そして楽しく学べるように、しっかりとした準備をすることがとても大切です。

パン教室を成功へ導くたったの5つのステップ!

パン、それは私たちの日常に欠かせない食べ物の一つです。
特に、手作りのパンには特別な魅力があり、その風味と香り、そして温かさに心を奪われることが多いですね。
そして、その手作りのパンの魅力を伝えることができるのが「パン講師」です。

パン講師にはパン作りの技術はもちろん、指導力や、教室運営のノウハウも必要となります。
パン講師になるためのステップ・必要な技術や手続き・そしてパン教室を始めるための準備について詳しく解説しているので、パン作りのプロとして活動したい方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

あなたの夢を叶える第一歩として、しっかりとした基盤を築くための知識を身につけることができます!!

成功するパン講師の必需品! 実践パン作り技術と選び抜かれた5つの道具

パン作り

美味しいパンを作るためには、それに適した技術と道具が必要になります。
この記事では、私が使ってきたおすすめの道具を5つ紹介!

1.こね台

①シルパッド
パン生地を捏ねたり成形する時に使用します。
捏ね台のように、パン生地を捏ねる時にズレたり収納場所に困ることがないので、作業スペースが狭い方にオススメ
サイズも豊富にあるので、自宅のキッチンの作業スペースにあわせてサイズを選べるのもメリットです。

②人工大理石のこね台
作業スペースに余裕がある方は、こちらがオススメ。
このメモリが成形時に役立ちます。
手ごねをするとズレてしまうため、私は使用する時は下に百均の滑り止めマットを敷いています。

2. デジタルスケール

私が長年愛用しているのは、0.1gから計量できるタニタのデジタルスケール。
パン作りには精密な計量が必要なこと。
そしてgとmlの両方で計量できるこのスケールは、どんなレシピにも対応可能です。

3. ゴムベラ

私が使っているものはこちらのゴムベラ。
「ウィズ シリコーンゴムベラ」はステンレス芯入りで力を加えても曲がりません。
このゴムベラを一度使うと、もう他のゴムベラは使えない。

4. 繰り返し使えるオーブンシート

繰り返し使用が可能なため、長期的にコストを削減できます。
パン作りを頻繁に行うパン講師は、絶対に持っていた方がいい道具の1つです。

5. オーブン

私は2種類のオーブンを使っています。


①リンナイのガスオーブン
立ち上がりが早く、一度に大量のパンが焼けることが最大のメリットです。…が
置き場所が決まってしまうため、スペース確保が必須です。

プロパンガス用・都市ガス用があるので、購入する場合は気をつけて下さいね。



②東芝の石窯オーブン
私が使っているのは、ER-YD3000です。
このオーブンは大手のパン教室でも使われているオーブンです。
ふわふわのパンからハードパンまで、どんな種類のパンも美味しく焼き上げることができます。
新しいオーブンを探しているなら、これがお勧め!!

パン教室を成功させる!最適な場所の選び方と準備方法

パン作り

パン教室を成功させるためには、どこで教室を開くか、その場所と準備方法がとても大切です。

自宅で教室を開講する方が大半だと思いますが、中には営業不可のマンションがあったり
自宅で動物を飼っているので動物アレルギーなどの問題で自宅教室を開けない方は、
教室を開講できる場所を探す必要があります。

駅から近いところやバス停が近いところは、生徒さんが多く来る可能性が高くなりますが、
あまりにも騒がしすぎるところは避けた方がいいですね。

次に、教室の中をどう準備するか考えましょう。
清潔なキッチンと、みんなが楽しくパン作りができるスペースが必要だし
人数分のパンが焼けるオーブンが必要です。
またボウルやめん棒・型などの道具は、人数分準備をすることをオススメします。

生徒さんが来たときには、笑顔で「ようこそ!」と迎え入れて、
安心してパン作りを楽しんでもらえるような雰囲気を作ることも大切ですね。

5つのステップ!生徒さんが集まる魔法の広告・宣伝テクニック

パン教室を始めたら、生徒さんを集めないといけません。
それには、宣伝の仕方がとても大事です。
この記事では、生徒さんがたくさん集まる5つのステップを教えます!

1. わかりやすい広告を作ろう!
パンの写真や楽しそうな教室の様子を入れて、見る人が「行ってみたい!」と思えるような広告を作りましょう。

2. SNSを使おう!
インスタグラムやX(ツイッター)で、作ったパンの写真や教室のことを投稿して、たくさんの人に知ってもらいましょう。

3. 体験レッスンを開催しよう!
最初は手軽にパン作りを体験できる日を設けて、多くの人に教室の良さを知ってもらえるようにしましょう。

4. お友達紹介キャンペーンを始めよう!
生徒さんが友達を教室に誘ってくれるように、特典を用意して、お友達紹介を促しましょう。

5. 生徒さんの声をシェアしよう!
教室に来た生徒さんの感想や作ったパンの写真をSNSで紹介することで、他の人も興味を持ちやすくなります。

この5つのステップを試して、生徒さんをたくさん集めましょう!

生徒のリピートを獲得!心をつかむ指導法と接客スキル

生徒が何度もパン教室に来たいと思うようにするためにはどうしたらいいのでしょう?

まず、心をつかむ指導法とは、生徒の気持ちに寄り添い、パン作りの楽しさや難しさを共に感じ、
一緒に乗り越えることです。

例えば、パン作りに失敗した時には、その原因を一緒に考えたり、次回に生かすアドバイスをしたりすることが必要です。
また、接客スキルも非常に大切です。
生徒さんが教室に来るとき、明るくて温かい笑顔で迎えることで、安心感や居心地の良さを感じてもらったり
名字ではなく下の名前で読んだり、個人的な話をすることで、信頼関係を築くことができます。


さらに、生徒さんの進捗や成果を誉めることで、自信を持って次回も挑戦してもらうことができます。
これらの方法を実践することで、生徒さんはパン教室に何度も足を運ぶことができ、講師としての成功を実感することが
できるようになります。

実践力アップのカギ!効果的なカリキュラムとレシピの作成方法

パン講師になるための一番の鍵は「実践力」

実践力って何?って思うかもしれませんが、
要は「自分の知識を実際に使って、美味しいパンを作る能力」のことです。
カリキュラムとは、教える順番や内容を決めたリストのこと。
みんなが上手にパンを作れるようになるための道しるべみたいなものですね。

効果的なカリキュラムを作るためには、初心者から上級者まで、ステップバイステップで学べるように計画することが
大切になります。

最初はパン作りの基礎からスタートして、徐々に難しい技術やレシピを紹介することで、
生徒のモチベーションを保ちながら上達させることができます。

そして、レシピ作成も大切な作業!
生徒さんが自宅でも同じ味のパンを作れるように
分かりやすい言葉で、具体的な手順や材料の量を書くことが重要です。

この2つをしっかりと準備して、実践力をアップさせることが、成功するパン講師になるためのカギとなります。

お家でパン教室を始めるための大切なこと

お家でパン教室を始めるのは、とても楽しいこと!

生徒さんたちに安全に楽しくパン作りを教えるために
自宅教室はキッチンは清潔にしておきましょう。

次に、自分が教えるレシピをしっかりと決めて、余裕を持って材料を準備をしましょう。
初めて来る生徒さんにも分かりやすく教えるためのテキストも必要です。
生徒さんたちが作ったパンを持って帰る袋や箱も準備しておくと喜ばれます。

生徒さんに来てもらうためには、広告や宣伝も大切です。
お家での教室を知ってもらうためには、チラシやインターネットを使って、教室の情報をたくさんの人に
知らせることが必要となります。

友達やご近所さんにも教室のことを伝えて、興味を持ってもらいましょう。

お家でのパン教室は、楽しさと学びの場所。
優しく、楽しく、安全にレッスンを進めることで、生徒さんがまた来たいと思うようになります。
しっかりと準備して、楽しい時間を過ごしましょう。

お家でのパン教室開始!最初に知っておきたい3つのステップ

1. 場所の準備

 パン教室を開く時は、自宅のキッチンやダイニングを使うことが多いと思いますが、十分なスペースと生徒さんが使う道具や材料を置く場所が必要になります。

2. 材料と道具を揃える

パン作りには、小麦粉やイースト、水などの材料と、ボウルやオーブン、めん棒などの道具が必要です。
初めての方でも作れる簡単なレシピから始めるのがおすすめです。

3. 生徒さんを集める

パン教室のチラシを配布したり、友達やご近所さんに声をかけることで、生徒さんが集まりやすくなります。
簡単で美味しいパンを作る楽しさを伝えることで、たくさんの人が興味を持ってくれますよ。
パン教室は、準備をしっかりして、楽しくパン作りを伝えましょう

パン講師になることで、あなたの日常を特別に変えるメリットと実際の1日

パン教室の講師になると、たくさんの人との出会いや経験が増えます。

特に、今はオンラインが普及して、オンラインレッスンが当たり前になったこともあり
私のレッスンにも、北海道から沖縄まで日本中のパン作り愛好者が参加しています。

対面レッスンがある日の、私の1日

パン作りの楽しさをたくさんの人と共有することができるのが、パン講師のすごいところです!

初心者必見!パン教室成功の秘訣

パン教室を始める!と決心をしても、実際に上手くいくか不安があると思います。
ここでは、パン教室を成功させるためのポイントをわかりやすく説明します!

1. 楽しい教室作り
みんなが笑顔でパン作りを楽しめるような教室を心がけましょう。
初めての人も安心して参加できるように、優しく教えることが大切です。

2.いろんなパンを学べる
パンはたくさんの種類があるので、いろいろなパンを作れる教室にすると何度も通ってくれるようになります。

3. 場所の選び方
通いやすい場所や、駅から近い場所で教室を開くと、たくさんの人が来てくれます。

4. SNSでの宣伝
インスタグラムやツイッターで、作ったパンの写真を載せたり、教室の様子を紹介すると、興味を持ってくれる人が増え、お申し込みに繋がります。

5.感謝の気持ちを忘れずに
生徒さんが来てくれることにいつも感謝して、ありがとうの気持ちを伝えることも大切です。

これらのポイントをおぼえて、楽しくパン教室を運営しましょう!!

<まとめ>

パン作りの魅力を深く感じ、その技術や知識を他者に伝えたいと思う今、講師としての一歩を踏み出す最適な時期かもしれません。

この記事では、私自身がパン講師としての経験から学んだ具体的なスキルやノウハウをまとめました。
あなたの持つ夢や情熱を、パン教室として形にするための情報がこの記事には詰まっています。

私の経験と知識を通じて、あなたの夢を現実に変えていきましょう!

公式LINE登録プレゼント>
自分から売り込まなくても 「あなたから習いたい」と言われる3ステップ動画

パン教室

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次