一人で学んでもわからないことが明確に!プロによる的確なアドバイスの重要性

去年から現役パティシエさんに
ケーキのレッスンを受けています🍰

今月のケーキはレアチーズケーキ

今まで自分でもレアチーズケーキは
数え切れないほど作っていて、
その作り方は、フードプロセッサーで
がーーーーーーーーーっと混ぜて 冷やし固める一般的なやつ。  

先生が言ってた。
「パティシエは絶対にそんな作り方はしない」と。

今回のレシピは、ケーキ屋が作るレアチーズケーキ。
材料も本当に贅沢極まりない(笑)
でも、最高に美味しいレアチーズケーキ❤️

 

今回は、添えて食べるブルーベーリーの
コンフィチュールも作りました。
コンフィチュールなんて、生まれて初めて言った言葉だよ🤣

 

 

 

 

 

 

 

ケーキの仕上げで 表面に生クリームを乗せるんだけど
今回は先生に 「ナッペ大会行ってみよ〜〜〜〜!」
と言われて 急遽ナッペをすることに…

心の準備もなく、 現役パティシエの目の前で
いきなりナッペをするなんて緊張しかなくてガクブルしてたら
「できる人にしか言わないよ〜〜」と先生が言ってくれたので
「このタイミングでナッペを見てもらえるなんてラッキー」と
気持ちを切り替えてチャレンジ!!  

さて、仕上がりはどうでしょう?

 

わからないことを独学で時間をかけてもいいけど
やっぱり専門家(プロ)に教わるのが
1番の近道だな〜と実感する出来事でした。

 

 

 だって、1人でやってても
どこがどうダメなのか?
そもそも何がダメなのか?
さらに、それをどうやって改善しなければいけないのか?

これがわからない。 超致命傷!

あなたの写真は大丈夫?
レッスンの告知文は大丈夫?  

私の講座では、写真の撮り方は 被写体の傾きや色味、
小物を置く場所などを 事細かにアドバイスしています。

文章も同じ。
これじゃ誰にも刺さらない。
この言葉、パン教室の先生100人いたら
100人同じ言葉使っているよ。
などなど指摘します。  

こういうのって自分じゃわからないんだよね😅

 

 

パン教室の講師という職業で収入アップさせたい! もう趣味の教室とは言われたくない! 絶対に売れる講師になりたい!!

もっと欲を言うなら、自由な時間を手に入れて 自分のペースで仕事ができるパン教室講師になりたい!

そんなあなたにお知らせです。

 

現在募集中の、ふわパン専科プロデュースコースは パン作りの専門的な知識・技術 インスタ集客のための写真の撮り方や文章の書き方を取り入れ 最短6ヶ月で売れるパン教室講師として生まれ変わることができます。

もちろん、そのためにやることは山ほどあります。

「簡単に売れる」「楽して売れる」なんて 甘い言葉は言いません😂

だけど一生に一度くらい、死に物狂いで頑張ってみても 良いのではないでしょうか? その先には、頑張った人にしか見えない世界が待っていますよ。

ただいま無料個別相談受付中

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次